新宗教の元二世信者 " にに " の宗教観を掘り下げるネットブログ

ににどっとねっと

雑記

私がシンプルライフを目指したきっかけは「宗教」でした

2018年9月28日

今の私の方針は、「自分に正直に、シンプルに生きる」です。

人がシンプルライフやミニマリストを目指す理由には色々あります。

元はマキシマリスト(たくさん物を持つことに幸せを感じるタイプ)だった方、片づけられないタイプだった方、災害で価値観が変わった方などなど……。

この記事では、私が「どうしてシンプルライフを方針として掲げたのか」についてご説明したいと思います。

 

私の現状と悩み

前提として今の私を一言でまとめると、母に宗教活動を強要されているけど宗教を信じていない、新宗教の2世信者です。

そして最近の母は、父の病気のために今までより宗教活動をするよう強く言ってくるようになり、私が我慢しないと家族は平和でいられないという状況にまで追い込まれました。

no image
プロフィール

このページでは、そんな私についてもう少し詳しくご説明します。   目次1 私の歩み2 このブログの方針 私の歩み ここからは暗い話が多いため、ご了承の ...

続きを見る

 

限界に達した末に

悲しんでいる女性

父が望む「揉め事のない家庭」を保つために我慢をし続けた結果、精神も体調もボロボロになりました。

「宗教」というデリケートな話題なので友人にも相談できず、悶々としながら日々を過ごしていました。

 

8月末のとある日。

ゴミも物もたくさんある一人暮らしの汚れた部屋の中で、泣きつかれてベッドに横になっていたとき。

頭の中ふと、ある言葉が浮かびました。

「捨てよう」

 

とにかく物を捨てまくる

そこからは部屋にあるもの全てをチェックし、ひたすらに要らないものを処分しました。

嫌な思い出が浮かぶものや気に入っていないものは買い替え、約3週間かけて断捨離をしました。

その結果、

  • どこに何があるか完璧にわかる部屋
  • 床が広くて掃除がしやすい部屋
  • 私が自分で考えて選んだものだけがある部屋

を手に入れることができました。

 

【追記】その後、両親の説得に成功し、宗教を退会できました。

二世信者やめます!両親説得のきっかけと直後の心境

Twitterでフォローしてくださっている皆様は既にご存知かと思いますが、2018年10月22日、両親に「宗教をやめさせて欲しい」という願いが書いてある手紙を渡 ...

続きを見る

 

シンプルな部屋から見えたもの

余計なものをそぎ落とした部屋で生活をして数日。

綺麗な部屋で思考が研ぎ澄まされ、自分自身を見つめる時間が増えました。

シンプルな部屋は私にとってプラスになることが多く、すごく合っているライフスタイルだと感じました。

そこから生まれたのが「自分に正直に、シンプルに生きる」という方針です。

 

私の考えるシンプルライフ

私の考えるシンプルライフとは、周りの環境に強制されることなく、自分の考えを持って選択を繰り返しながら生きることです。

物の数は関係なく、自分で選んだ好きなものに囲まれ、難のある自分も受け入れつつ、生きていきたいと思うのです。

 

そして、私の考えるシンプルライフのゴールは「最適化された生活」だと考えています。

シンプルライフを目指して選択を繰り返すことは、自分にとって一番生活がしやすい環境作りをすることだと考えています。

その環境作りが終わり、生活が自分にとって最適化されたとき、心から自由になれるような気が何となくするんです。

周りの感情表現に強制されず、自由を勝ち取れる自分になりたいと思うんです。

自由をイメージした写真

 

おわりに

このブログを運営していくうえで、まずは方針の説明があったほうがいいかな?と思い、現状も含めて執筆してみました。

ここまで内面を表現するのは初めてなので気恥ずかしいですが、こうやって自己表現をすることが、後の自分のためになるのかもしれませんね。

-雑記
-

Copyright© ににどっとねっと , 2019 All Rights Reserved.